香川真司は勉強嫌い

香川真司は勉強嫌い

香川真司
香川真司は、子どもの頃から勉強嫌いでサッカーばかりしており、周囲は「サッカーがものにならなかったら、どうするのか」と心配するほどだった。
2011年に放送されたTBS『情熱大陸』の中で、サインを求められた香川が『熱』の字が書けず、通訳の山守淳平氏に教えてもらう一幕もあった。

ドルトムント時代、当初は通訳を通して指示などを受けていたが、それでは時間もかかり、コミュニケーションもとれないため、ドイツ語を勉強したらしい。マンチェスター・ユナイテッドに移籍後も英語のレッスンを受けている。

サッカーカテゴリの最新記事