マイケル・ジョーダン、シュートに対する考え

マイケル・ジョーダン、シュートに対する考え


マイケル・ジョーダンは、チームの絶対的エースであり、圧倒的にボールが集まり、シュートを打ち、得点することを求められていた。あるインタビューで「失敗した時のことを考えないか」と聞かれたジョーダンは、「10本連続でシュートを外しても僕はためらわない。次の1本が成功すれば、それは100本連続で成功する最初の1本目かもしれないだろう」と答えた。

アスリートカテゴリの最新記事