嵐・二宮和也がコンサート中に号泣した理由

嵐・二宮和也がコンサート中に号泣した理由


嵐の2003年コンサート『How’s it going?』で『夢』を歌っていた二宮和也が突然、号泣しはじめたことがあった。
ファンの間でも話題となったため、ジャニーズ事務所から「身内に不幸があった」と発表があった。

後に雑誌で二宮が語ったところによると、『How’s it going』ツアー中に二宮の祖父が亡くなった。
工場を経営していた祖父は、亡くなる一週間前に二宮を連れてお世話になった方々にあいさつ周りをした。そのときは、なぜあいさつ周りに付き合わされたかわからず、怪訝に思っていた二宮だが、『夢』を歌っている最中にその理由に気がついた。

祖父には自分の死期がわかっていたから、孫を連れてあいさつをしていたのだと。

気づいてからはどうしても涙が止まらず、ファンを前にして号泣してしまったとのこと。

ジャニーズカテゴリの最新記事