鈴木隆行の水戸ホーリーホック加入の経緯

鈴木隆行の水戸ホーリーホック加入の経緯

元日本代表の鈴木隆行は、米国でプレーした2010-2011シーズンを最後に現役引退を決めていた。2011年3月11日に起こった東日本大震災で出身地の茨城県が被災したことから、水戸の柱谷哲二監督に電話で「何か協力したい」と相談したところ「選手としてプレーしてくれ」と言われて現役続行を決断した。経営難の水戸のことを考え、2011-2012シーズンは無報酬のアマチュア契約でプレーすることを申し出た。2012年にはA契約を結び、2014年まで水戸でプレーを続けた。

サッカーカテゴリの最新記事