宇佐美貴史の天才サッカー少年時代

宇佐美貴史の天才サッカー少年時代

宇佐美貴史は1歳半でサッカーボールを触り始め、3歳のときにはボールを蹴るのにおむつが邪魔だと脱ぎ捨て、親に「いらん」と渡すなど、サッカー少年だった。

長岡京サッカースポーツ少年団に所属し、小1のときに小4、小2のときには小5のチームに飛び級し、小4から卒業するまで毎年200点前後、合計600点以上の得点を挙げた。
練習ではゴールキーパーを含む8人に対し、一人でボールを奪われずゴールを決めるなど飛び抜けており、長岡京サッカースポーツ少年団は他のサッカーチームから「宇佐美FC」と呼ばれていた。

サッカーカテゴリの最新記事