ウーマンラッシュアワー・村本、タクシーチケット事件

ウーマンラッシュアワー・村本、タクシーチケット事件

とある番組に出演したウーマンラッシュアワーの村本大輔は、収録後、番組スタッフがタクシーを手配するのを待っていた。通常、出演者は芸歴順でタクシーに乗って帰るが、スタッフがジャングルポケットの斉藤慎二を先に案内しようとしたので、「自分のほうが芸歴が上」と指摘した。するとそのスタッフは「テレビに出だしたのは斉藤のほうが先」とそのまま斉藤を先にタクシーに乗せてしまった。通常売れる売れないとは関係なく、芸歴を重視するのが芸能界、特に芸人界では当たり前のこと、しかも同じ吉本興業の先輩後輩ということもあり、怒り心頭の村本。しかも呼んでいたタクシーは、斉藤が乗ったタクシーが最後で、道路に出て流れているタクシーを拾わなければいけない。完全に怒った村本は、タクシーを拾うというスタッフの申し出も断り、自分でタクシーを拾って乗り込んだ。

タクシーに乗っても怒りの収まらなかった村本は、どうにか番組に復讐したい、と思い、番組から受け取ったタクシーチケットでの払いを高額にすることで制作費を圧迫しようと、一度千葉まで行ったり、遠回りしたり、と無駄にタクシーを走らせた。自宅についたときには、料金は35000円になっていた。
料金を支払おうと運転手にタクシーチケットを渡したところ、運転手からチケットが使えないと告げられた。村本は自分でタクシーを拾う際にタクシーチケットが使えない個人タクシーを拾っていたのだ。村本は泣く泣く35000円を自腹で払ったとのこと。

芸人カテゴリの最新記事